徳島県木材買方協同組合
コンテンツメニュー
トップページに戻る
事業内容
組合員名簿
リンク
お問い合わせ
木造住宅の良さ
木の家に6つの健康
アレルギー予防
木の家には、カビ・ダニ・最近の繁殖を抑える効果があります。
また、最近問題になっているシックハウス症候群の対策として、化学物質の使用を抑えた木材住宅が注目されています。
湿気除去
湿気はカビやダニ・シロアリを繁殖させ、家に致命的なダメージを与えるだけでなく、健康にも悪影響を与えますます。
木は優れた調湿機能を持っています。湿気の多い日本には最適の建材といえます。
リフレッシュ効果
木の香りに含まれる天然成分、フィトンチッドの森林浴効果でストレスを緩和します。また、木の香りには眠りを促進する効果や、消臭・抗菌などの効果もあります。
室温調整
現在の家でよく使われえている高断熱構造は、ビニールクロスなどによって密閉して断熱を行い、エアコンなどで強制的に換気を行っています。木の家は機械による換気に頼らず、木材の呼吸に任せて自然の状態に近い温度調整を行うことができます。
調音効果
木材はコンクリートより吸音率が大きく、壁や床に木材を使用した部屋や畳敷きの部屋は、音を適度に吸収して、耳障りな超高音を室内に反響させません。
視力保護
木には余分な紫外線を吸収して、光を和らげる性質があります。
人間にとって心地よい範囲の柔らかな光のみを反射し、育ち盛りのお子様の目を守り、安定した情緒を育んでくれます。
木材住宅のご相談、ご用命は、お近くの木材店へ
Copyright(c)2001 Comman All Rights Reserved